赤ちゃんの命名は苗字とのバランスも考えたい

シェアする

命名の文字
命名の文字

名前は、一人一人識別するためのものであり、一生使い続けるものですよね。そして、名前は赤ちゃんへの最初のプレゼントでもあります。そう思うと、赤ちゃんにどんな名前をつけたらいいのか悩んでしまいますよね。赤ちゃんの名前に悩んでいる人は必見です!

いつ頃から赤ちゃんの名前を考える?

出産直前まで赤ちゃんの名前を決めていなくて大慌てしてしまう人もいます。あまりに悩みすぎて出産直前になってしまうことがあるんですよね。そうならないためにも、赤ちゃんの名前はできるだけ早いうちから考え始めましょう。できれば、妊娠がわかった頃からイメージを少しずつ固めていくといいですよ♪妊娠初期はまだ性別もわかりませんが、赤ちゃんにニックネームをつけて、ニックネームで呼びかけるのも楽しいですね。

最近は出産前に赤ちゃんの性別を聞いておく人も増えてきていますが、あくまでも超音波での診断です。女の子だと思っていても、産まれてみたら実際は男の子だったということもあります。どちらか片方だけでなく、両方の名前を考えておくとよいでしょう。

赤ちゃんの命名のポイントは?

赤ちゃんの名づけポイント
赤ちゃんの名づけポイント

親の願いを込めて

どんな風に育って欲しいのか、こんな人物になってもらいたい、と夫婦二人で意見を出し合ってみると、赤ちゃんの名前を決めるヒントが見つかるかもしれませんよ。また、親としての心構えもできてきます。

呼びやすい名前

人は一生名前を使います。呼びやすく親しみやすい名前だと他の人にもすぐに覚えてもらいます。また、愛称をつけやすい名前も覚えてもらいやすいことから人気です。

名字とのバランス

名前そのものは呼びやすくても、名字と合わせて呼んだときにバランスがいいか、別の単語に聞こえてしまわないかも大切です。また、漢字も似たような文字が並ぶとバランスがよくありません。名前だけでなく、名字も含めてトータルで赤ちゃんの名前を考えるとよいでしょう。

正しく読んでもらえる名前

赤ちゃんの名前を決めるとき、常用漢字であれば当て字は認められています。ですが、完全な当て字やこじつけたような名前は、他の人に正しく読んでもらえません。『珍しい名前』になれますが、将来正しく読んでもらえない度に訂正することになったり、さまざまな手続きで名前を間違われたりする可能性も高くなります。

名前の響き

赤ちゃんの名前はやはり名前の響きも大切です。音によってハード・ソフトのイメージがあります。ハードなイメージの音は『カ・サ・タ・ハ行』、ソフトなイメージの音は『ア・ナ・マ・ラ・ヤ行』です。両方の音を組み合わせて名付けるとバランスもよくなります。名字と合わせて名前の響きも考えてみてはいかがですか?

漢字の意味

パパとママの好きな漢字から赤ちゃん命名するパターンもあるのですが、漢字には様々な意味を持っているものもあります。マイナスイメージのない意味を含んでいないか調べましょう。

使える漢字かどうか

名前に使うことができる漢字は、戸籍法で決められているため、人名に使えない漢字もあります。最近は少しずつ名前に使える漢字も増えてきましたが、あらかじめ調べていないと、出生届を提出するときに「この漢字は使えません」と言われるときがあるので注意してくださいね。

赤ちゃんの病気に備えて|かかりやすい病気を予防
赤ちゃんの病気に備えて|かかりやすい病気を予防
目次 赤ちゃんの病気に備えて… 症状別 代表...

人気の赤ちゃんの名前

毎年、人気の赤ちゃんの名前ランキングが発表されていますよね。さまざまな企業の赤ちゃんの名前ランキングがあり、ランキングによって名前も違います。ここでは人気の漢字を紹介しましょう。

男の子の名前で人気の漢字

翔・颯・優・海・輝・斗・太・大など、元気で健康的なイメージを持つ漢字が人気です。

女の子の名前で人気の漢字

菜・美・愛・花・優・奈・香・音など、優しく暖かいイメージを持つ漢字が人気です。

赤ちゃんの名前は誰がつける?

赤ちゃんが誕生するとなると、おめでたいことですからパパママ両方のおじいちゃん、おばあちゃんまでも名付け親になりたがることが多いです。ですが、赤ちゃんの名前を決めるのはやはりパパとママがよいでしょう。赤ちゃんの名付けは、親の責任であり義務です。周囲の人もいろいろな赤ちゃんの名前を提案してくれるでしょう。これらの意見も参考にして、できれば取り入れつつも、最終的にはパパとママで決めてくださいね。

時々、おじいちゃんおばあちゃんが、パパママの意見を無視して勝手に決めてしまい、トラブルになることもあります。将来、子供に名前の由来をきちんと説明して、「パパとママがしっかり考えてつけたんだよ」と言えるようにしたいですよね。

姓名判断も考慮して

姓名判断とは、人の姓名の文字画数から、その人の性格や人生、仕事運・恋愛運・家庭運・健康運などの運勢を占うものです。姓名判断の良し悪しで、赤ちゃんの人生が決まるわけではありませんが、やはり気になりますよね。将来子供が成長したときに、自分の名前を姓名判断で占って悪い運勢が出るのを見るといい気分はしませんよね。周囲の人も姓名判断を気にする人は多いようです。姓名判断では、主に総格・天格・人格・地格・外格・総格の6つで占います。

総格 姓名すべての漢字を足した数で、その人の人生の総合運を占います。赤ちゃんの名付けをするときにこの総格が吉数であることが大切です。
天格 姓の総画数で、祖先運や家系運を表します。これは、変えようがないので名付けの段階では参考程度にとどめておいてかまわないでしょう。
人格 姓の最後の文字と名前の最初の文字を足した画数から占います。社会運を表します。男の子の名付けの場合、総格の次に重要になってきます。
地格 名前の画数の合計で占います。特にその人の35歳くらいまでの運勢に影響するといわれています。
外格 姓の一番上と名前の一番下(名が3文字の人は下2つの字)を合計した画数で占います。対人運や外見、行動力などに影響するといわれています。

赤ちゃんの命名はバランス・音・親しみやすさ・姓名判断など総合的に考えてつけることになります。全てが良い名前、というのは現実的に難しいですが、できるだけ良い名前を赤ちゃんに名付けたいですよね。産まれてくる赤ちゃんに素敵な名前をつけてあげてください。それが、パパとママからの最初のプレゼントですよ♪

育児は想像以上に大変|イライラしない育児へのとりくみ(母編)
育児は想像以上に大変|イライラしない育児へのとりくみ(母編)
目次 育児とは? 赤ちゃんの時期別の育児 ...
トップへ戻る