赤ちゃんが誕生したら出産内祝いをしましょう

出産祝い

赤ちゃんが誕生したら、出産内祝いをしなくてはいけません。最近、出産内祝いというと、出産祝いを贈ってくれた人へのお返しというイメージが強いのですが、それ以外の人にも出産内祝いを贈るものなんですよ。出産内祝いとはどのような人に、いつごろ、どんなものを贈ればよいのでしょうか。

出産内祝いとは?

本来、出産内祝いとは子供が生まれた喜びの気持ちを込めて、親戚や友人、近所の交流がある人へ贈る『個人のお祝い行事』の一つでした。子供が生まれるということは、おめでたいことですから『幸せのおすそ分け』と日頃お世話になっていることに対しての『感謝』の意味があるのです。

ですが最近の出産内祝いは、出産祝いを贈ってくれた人に対してのお返しという意味が強くなってきています。ですから、基本的には友人や知人に対しては出産祝いをいただいたら、出産内祝いをお返しとして贈り、親戚には出産祝いを頂いていなくてもお披露目の意味を込めて出産内祝いを贈るようにしましょう。

出産報告はがきデザイン無料テンプレートで出産の報告をしよう

出産内祝いの贈り方

出産内祝いを贈る時期

結婚内祝いはいつごろ、どのような形で贈ればいいのかとまどう人も多いでしょう。しかも出産直後のママは慣れない育児で休む暇もなく、体調もまだ戻っていませんからね。出産内祝いを贈るのは、お宮参りをする生後1ヶ月頃にします。この頃までに出産祝いを贈ってくれた人や親戚の方々に出産内祝いを贈りましょう。

生後1ヶ月以降にも出産祝いが贈られてくることがあります。そのような場合は、届いたらまず電話で連絡をし、その後できるだけ早く出産内祝いを贈るようにしましょう。

出産内祝い用の熨斗(のし)

慶弔関係でよく悩んでしまうのが、熨斗(のし)や水引ですよね。出産内祝いは、子供が生まれたというお祝い事です。子供が生まれることは何度あってもおめでたいことですから、出産内祝いで使う水引は、紅白のものを蝶結び(花結びともいいます)にします。

熨斗(のし)紙には、水引の上には『出産内祝』または『内祝』と書き、下には生まれた赤ちゃんの名前を書きます。通常、名字は書かずに赤ちゃんの名前だけを書いてくださいね。もし、赤ちゃんの名前が一般的な読み方をしない漢字であれば、ふり仮名を書いておくとよいでしょう。

命名札?

地域によっては、熨斗(のし)とは別に命名札をつける風習があります。命名札には、上に『命名』と書き、下には生まれた赤ちゃんの名前を書いた短冊のような形をした札です。この命名札は、もらった人が家の目につくところに貼っておいて、子供の名前を覚えるためのものです。最近は省略されることが多いのですが、地域によっては命名札をつける風習が残っているところもありますので、周囲に確認するとよいでしょう。

出産費用は妊娠検査から入院費用までしっかり整理

出産内祝いの金額と贈る品物

出産内祝いの金額

出産祝いを頂いた場合は、頂いた品物の1/3~1/2の金額分を出産内祝いとして贈りましょう。出産祝いを現金で頂いた場合ははっきりいくらなのかわかりますが、品物として頂いた場合は、大体いくらくらいのものなのかを見積もって、出産内祝いを贈りましょう。グループで出産祝いを頂いた場合は、金額によってグループへ出産内祝いを贈るか個別に送るかが変わってきます。

例えば会社の同僚10人が1人500円出しあって5,000円の出産祝いを贈ってくれた時は、グループに対して個別包装された2,000円分のお菓子などを出産内祝いとしましょう。友人2人が5,000円ずつ出しあって10,000円の出産祝いを贈ってくれた場合は、個別に2,500円分の出産内祝いにするとよいでしょう。

出産内祝いの品物

昔の出産内祝いの品物は、紅白饅頭やかつお節、砂糖などの縁起物が多かったのですが、現代ではあまり喜ばれませんよね。今では、コーヒーセットやお菓子の詰め合わせ、食品を選べるギフトカタログが多いんですよ。記念品よりも実用的で、できれば消耗品の方が先方は喜んでくれます。

時々あるのが、子供の写真や名前入りの記念グッズです。出産内祝いを贈るパパ・ママからすると良い記念と思えてしまうのですが、もらう側としては使いようがなく、とまどってしまいます。このような記念品グッズを出産内祝いの品物とするのは避けたほうがよいでしょう。

出産内祝いと一緒に贈るもの

出産内祝い

ただ出産内祝い品を贈るだけでは先方へ感謝の気持ちや幸せのおすそ分けの気持ちは伝わりにくくなってしまいます。出産祝いを贈ってくださった方には、頂いたものにたいしてのお礼のメッセージを添えると良いでしょう。そして、出産内祝いを贈る全ての方には生まれた赤ちゃんの写真とメッセージをつけると、喜ばれますよ。その写真を見て、「目はパパに似てるね」「口元はママに似てるね」と会話もはずみます。

赤ちゃんを連れてすぐにお披露目にいけないので、写真をつけてみてはどうですか?

赤ちゃんの命名は苗字とのバランスも考えたい