育児にはパパも参加しておむつ替えでスキンシップ

シェアする

パパと育児
パパと育児

これまでの風潮は、「男は仕事・女は育児」という考えが広まっていましたよね。最近は、パパも育児に参加することが増えてきました。パパ自身が積極的に育児に関わろうとする場合と、ママに言われて仕方なく育児を…と両方のパパがいるかもしれませんね。(笑)どちらにしても「育児」ってどんなことをすればいいのか、よくわからずにとまどっている父親もいるかもしれません。父親ができる育児とはどんなものがあるのでしょうか。

父親ができる育児とは?

父親ができる育児
父親ができる育児

『育児』と聞くと、大変そうなイメージがありますよね。ママが子育てをしているのを観ていると、父親の出番がないように思う人もいるようです。赤ちゃんを母乳で育てている場合、父親は母乳を飲ませることはできません。ですが、育児は食事だけではありませんよね。父親ができる育児だってたくさんあるんですよ!

ミルク

母乳がでないときは、ミルクを赤ちゃんに飲ませますよね。ミルクならパパにだってできる立派な育児です。すでにできあがったミルクを飲ませるだけでなく、ミルクの準備からやりましょう。

  • 哺乳瓶に粉ミルクとお湯を入れ、よく混ぜます。
  • 人肌に冷まして、抱っこしながら赤ちゃんに飲ませましょう。
  • 飲ませ終わったら、たて抱きをして赤ちゃんの背中をトントンしながらゲップを出せるようにしてあげてください。
  • 飲み終わった哺乳瓶は、そのままにしておくと雑菌が繁殖してしまいますから、早めに洗いましょう。

ミルクを作る時に注意したいのが、分量です。ついつい、適当に作ってしまいたくなるかもしれませんが、赤ちゃんの大切な食事です。きちんと決められた分量でないと栄養バランスが崩れてしまうので、気をつけてくださいね。

おむつ替え

おむつを替えるだけなら簡単だけど、うんちの処理はちょっと…とおむつ替えを嫌がるパパも多いんですよね。手際よくおむつ替えができるようになれば、なんとかなりますよ!

  • おむつ替えをする前に新しいおむつ、お尻拭きを用意しておきましょう。ぬるま湯もあると便利です。
  • おむつを開いて、おおまかに汚れを拭いて汚れたおむつをはずします。
  • 赤ちゃんの足の付け根やシワの部分などの細かいところも丁寧にふき取りましょう。このとき、ぬるま湯があれば、汚れを落としやすいですよ。
  • お尻を綺麗に拭いたら、しっかりと乾かしてから新しいおむつをつけます。
  • 紙おむつについたうんちはトイレに流します。新生児はユルユルなので、そのまま紙おむつと一緒に捨てます。
  • においがもれないように、丸めてビニール袋に包んで捨てましょう。

おむつ替えはミルクとワンセットと考えるといいかもしれませんね。ミルクを飲ませる前後にうんちをしていないか見て、おむつを替えてからミルクを飲ませたほうが、赤ちゃんもご機嫌よく飲んでくれます。

沐浴(お風呂)

赤ちゃんもある程度、大きくなったらパパと一緒にお風呂に入るようになりますが、最初はベビーバスを使っての沐浴ですよね。この沐浴、意外と力が必要なんです。まさに沐浴はパパが力を一番発揮できる育児です!

  • 赤ちゃんが気持ちいいと感じる温度は夏で38~40度、冬は40~42度です。ひじを入れて「少しぬるいかな?」という感じです。
  • 赤ちゃんに浴用ガーゼをかけて、足からお湯に入れていきます。首をしっかり支えてくださいね。
  • お湯が耳に入らないようにしながら、赤ちゃんを温めます。
  • ベビーせっけんなどを手につけて赤ちゃんを洗います。首やわき、股など汚れが溜まりやすいところは丁寧に洗いましょう。
  • せっけんが身体に残らないように温めながら洗い流します。出る前に、再度綺麗なお湯をかけてあげましょう。

片手で赤ちゃんの身体を支え、片手で赤ちゃんを洗うので沐浴は腕の力が必要です。パパの協力があれば、沐浴もスムーズですよ♪

育児以外にもママのお手伝いを!

ママの手伝いをするパパ
ママの手伝いをするパパ

赤ちゃんに直接関係する育児以外にも、ママの育児をお手伝いする方法があります。オムツ替えは上手にできない場合でも、他のことでママの育児をフォローすることはできますよ。育児は本当に寝る間もなく、大忙しですからちょっとしたお手伝いでもママは大助かりします。

逆に、育児も家事もママにまかせっきりにしていると、「なんで手伝ってくれないの!」とおこられることもありますよ。パパも仕事をしていて大変ですが、育児はパパの仕事以上に大変なのです。だって、育児は24時間なのですから。

洗濯

赤ちゃんが産まれると、洗濯物の量も増えます。布おむつを使っているのなら、洗濯量は半端じゃありません。赤ちゃんを抱ええながらの洗濯になると、ママも大変です。毎日はできなくても、休みの日に父親が洗濯をするだけでもママは助かりますよ。

買い物

赤ちゃんを抱えての外出は準備も大変です。できるだけ買い物の回数は少なくしたいところです。家族で週末にまとめ買いという方法もありますし、パパが休みの日はパパが買い物に行くという方法もありますよ。

掃除

パパが掃除をしているとき、ママと赤ちゃんは気分転換にお散歩することができます。ずっと家の中にいると、ママもストレスが溜まってしまいます。パパが掃除をしているちょっとした合間にママと赤ちゃんがお散歩する時間ができちゃいます。これも毎日でなくていいんです。週に1~2回、家事のお手伝いをしましょう。これも育児の手助けになるのです。

抱っこ・お散歩

反対にママが掃除や洗濯などの家事をしているときに、赤ちゃんの面倒を見ることも大切です。家の中で抱っこや高い高い、掃除でママが家の中をパタパタしている時は邪魔にならないように、お散歩に出るのもいいですね。

「育児は母親に任せておけ」という考えを持つ人もいまだにいます。でも、子供はパパの子供でもあるんですよ。赤ちゃんは、遊んでいるときだけでなく、育児をしているときでもコミュニケーションをとっています。我が子の成長を、育児を通して目にすることができるのです。父親もちょっとしたことから育児に参加できるのです。あなたも是非チャレンジしてくださいね♪