産後の肥立ちとは

産後の肥立ちとは

子育て支援

産後の肥立ちの意味は?

出産後のママに対してよく使われる言葉に「産後の肥立ち」がありますが、具体的にはどのような状態のことをいうのでしょう。

『肥立ち』という言葉には、もともと「徐々に体の調子が良くなる」という意味があり、昔から、ママの身体が出産前の正常な状態に戻るまでの間、産後の肥立ちが悪くならないように、食事や入浴などの日常生活にさまざまな制限がかけられてきました。

産後の肥立ちに近い意味を持つ言葉に、出産後の6~8週間のママの身体が回復するまでの期間を表す「産褥期(さんじょくき)」があります。産褥期には、妊娠によって大きくなった子宮が元の状態に戻ろうとする子宮復古が起こることから、その間はしっかりと身体を休ませなければなりません。

産後の肥立ちが悪いとどうなる?

出産後に十分な休息をとらずについ無理をしてしまうと、いわゆる「産後の肥立ちが悪い」という状態になります。産後の肥立ちが悪いと、次のようなトラブルが悪化する恐れがあるため、十分な注意が必要です。

貧血やめまい

出産時に大量に出血することによって、産後は貧血が起こりやすくなります。さらに、産後のママは授乳によって鉄分が不足しやすいことも、貧血の原因の一つです。

もともと貧血だった人だけでなく、妊娠前は貧血とは無縁だったという人も、出産後は貧血によるめまいやだるさ、疲労感などの症状が見られることから、体調がすぐれないと感じたら主治医に相談することをおすすめします。

不正出欠

産後は、出産の際に胎盤が剥がれた部分からの出血や、子宮内に残っていた血液や粘膜が悪露(おろ)として排出されます。

悪露は一般的に、血液が混じったような状態が1週間ほど続き、その後、黄色っぽい状態に変化して、1ヶ月ほど経つと白色の状態になります。そのため、特に出産してから1~2週間以上出血が続くような場合や、出血の量が多いと感じる場合は、主治医への相談が必要です。

産後うつ

産後うつ、出産後のママに起こる「産後うつ病」といううつ病の一種で、産後のホルモンバランスの変化や、慣れない育児によるストレスなどが原因で起こります。

産後うつの症状には個人差がありますが、子育てを優先するあまりに放置してしまうと、症状が悪化したり、長期間症状が改善されない恐れがあるため、イライラや落ち込みがひどい場合は一人で抱え込まずに、家族や主治医に相談するなど、早めに対策をとりましょう。

産後の家事はいつから

古くから、出産後に身体が回復して、それまで敷いていた布団を上げることを「床上げ」といいます。一般的に床上げは、出産後の21日目に行うことが習わしとなっていましたが、家事の再開も床上げと同じように産後の3週間をめどに行うといいでしょう。

それまでの家事ができない期間は、家族にサポートを頼むほか、ファミリーサポートセンターや子育てヘルパーにお願いするといった方法があります。また、最近では食事の宅配サービスやネットスーパーなどを手軽に利用することができます。

ただし、ネットスーパーには、メリットだけでなくデメリットもあることから、それぞれについて知っておくことが大切です。ネットスーパーを利用してみたいという方は、こちらのサイトのネットスーパーのメリットをご覧ください。

産後の肥立ちを良くするための注意点

産後の肥立ちを良くするために重要なのは、とにかく無理をしないことです。10ヶ月に及ぶ妊娠と長時間の出産によって、ママの身体は想像以上に疲労していることから、十分な回復期間をとり、つらいと感じた時はゆっくりと身体を休ませましょう。

また、出産後の生活を豊かにするための情報が知りたいという方には、女性向け節約サイト「プアリッチ」がおすすめです。食費の節約術や子供の学資保険など、お金に関するさまざまな情報を紹介しています。

出産後のママと赤ちゃんカテゴリの最新記事