おむつかぶれの原因から対策して症状が出る前に予防しよう

シェアする

おむつかぶれ
おむつかぶれ

赤ちゃんのお尻や股の部分が赤くなっていたりブツブツができていたりしたら、それは「おむつかぶれ」です。注意していたはずなのに、「おむつかぶれ」になってしまうことだってありますよね。「おむつかぶれ」とはどのような症状なのでしょうか。

「おむつかぶれ」とは?

赤ちゃんの肌は、私たち大人とは違ってとてもデリケートです。ちょっとした刺激で肌トラブルにつながることもたくさんあるんですよ。おむつかぶれとは、医学的には「おむつ皮膚炎」といい、肌トラブルのひとつです。汚れたおむつを長時間つけたままにしていると、赤ちゃんの皮膚が炎症をおこしてしまう皮膚炎の一種です。おむつかぶれは、新生児である生後1ヶ月頃から生後4ヶ月頃に多い症状です。アトピー性皮膚炎やあせもとおむつかぶれの違いは、おむつかぶれはおむつが触れている部分だけにおこるということです。

布おむつってどう使うの?紙おむつとの比較
布おむつってどう使うの?紙おむつとの比較
忙しい現代人によって紙おむつは需要が伸びていきました。紙おむつと布おむつは正反対の使い方。のんびり育児をするなら布おむつが一番です!

「おむつかぶれ」の症状

おむつかぶれは、赤ちゃんのお尻全体が赤くなるものやあせもに似たプツプツとした湿疹がでてくることもあります。おむつかぶれが悪化すると、真っ赤に腫れたり、ただれてジュクジュクし、かさぶたができてしまうこともあります。紙おむつを使用していると、お尻や股だけでなくギャザー部分もおむつかぶれになることがあります。おむつかぶれは、大きく分けて3種類に分けることができます。

汎発型おむつかぶれ おむつが触れている部分全体が赤くなりかぶれてしまう状態です。
凸部型おむつかぶれ 赤ちゃんのお尻や太ももなどふっくらしている皮膚がかぶれてしまう状態です。
肛囲型おむつかぶれ おむつが直接触れていない狭い範囲が赤くかぶれてしまいます。
赤ちゃんの自覚症状も軽く、見えづらい場所なのでママも見逃してしまいがちです。
紙おむつは何を選ぶ?おむつの替え方と種類と選び方
紙おむつは何を選ぶ?おむつの替え方と種類と選び方
紙おむつはどのメーカーも目覚しい進歩をしています。価格で選ぶか、機能で選ぶか、自分にあった選び方を見つけるための参考にしてくださいね。

「おむつかぶれ」の原因

おしっこや汗でおむつの中の湿度が高くなると、赤ちゃんの皮膚がふやけてしまい傷つきやすい状態になってしまいます。そこにおむつが擦れてしまうだけで赤ちゃんのお尻や股に小さな傷ができてしまい、そこから尿や細菌が刺激を与えておむつかぶれになってしまうのです。これだけではなく、おむつの中の環境も関係していますし、さまざまな原因が重なるとおむつかぶれになってしまうのです。

おしっこ おしっこの中には、体内の老廃物が含まれています。尿素や塩素などが含まれています。時間が経つと尿素が分解しアンモニアが発生してしまい、皮膚を刺激してふやけるため皮膚が傷つきやすくなります。
うんち うんちには大腸菌をはじめとした腸内細菌や酵素がたくさん含まれています。これらは赤ちゃんの肌に刺激を与えてしまい、皮膚が傷つきやすくなります。特に、下痢時のうんちは刺激が強いので、おむつを替えずにそのままにしているとおむつかぶれになってしまいます。
赤ちゃんが動くと腕や足だけでなく、お尻も汗をかきます。さらにおしっこをするとオムツの中は湿気でいっぱいになってしまいますよね。おむつの中の肌がムレて肌が傷つき、そこからおしっこやうんちの刺激を受けるとおむつかぶれになってしまいます。
おむつが擦れる おむつが擦れないように気をつけ、ギャザー部分もきつくならないようにしていても小さな傷がついてしまいます。これは、赤ちゃんの肌が大人よりもずっと薄くてデリケートなためです。その小さな傷からおむつかぶれが始まってしまうのです。
カビ カンジタ菌というカビの一種が、赤ちゃんのおむつの中で繁殖してしまうと、おむつかぶれと共にカビによる皮膚炎を起こしている可能性があります。乳児寄生菌性紅斑といい、病院での治療が必要です。

「おむつかぶれ」の予防

おむつかぶれになってしまうのは、おむつを替える親の責任です。赤ちゃんは自分でケアすることはできませんからね。ママが気をつけていることで、おむつかぶれは予防することができますよ。

こまめにおむつを交換する

おむつかぶれを防ぐ一番の方法は、常に清潔にしておくことです。汚れたら、できるだけ早くおむつを交換しましょう。紙おむつなら「もう1回くらい大丈夫かな」とそのままにしてしまいたくなりますが、これがおむつかぶれの元です!特に新生児はおしっこやうんちの回数は多くても1回の量は少ないですよね。でも、こまめにおむつ交換をしてあげてくださいね。

おむつ交換のときのケア

おむつを交換するとき、お尻拭きで拭いてからおむつをつけるというママは多いのではないでしょうか?でも、市販のお尻拭きだけではお尻の汚れを完全に落とすことはできません。できれば、おむつ交換のときにシャワーでお尻を綺麗に洗い流してあげましょう。外出先などでは、コットンや布にぬるま湯を含ませて、擦らないようにふくといいですよ。

しっかり乾かしてからおむつをつける!

湿気が肌に残ったまま、おむつをつけてしまうとムレの原因になってしまいます。お尻を洗ったり、お尻拭きで拭いた後には乾いた柔らかいタオルで、擦らないようにして水分をとってからおむつをあててくださいね。

「おむつかぶれ」の対処

「おむつかぶれ」の対処
「おむつかぶれ」の対処

もし、おむつかぶれになってしまったら病院で診てもらい、薬を処方してもらいましょう。薬は少量を伸ばして使ってくださいね。症状が軽い場合は非ステロイド剤が処方されますが、おむつかぶれがひどい場合はステロイド剤を使うこともあります。また、カビが原因のおむつかぶれの時は、抗真菌剤を使います。おむつかぶれの薬は決まった回数、決まった量を守りましょう。また、おむつかぶれになっているときのお風呂上りなどは患部を擦らないように気をつけてください。

赤ちゃんの病気に備えて|かかりやすい病気を予防
赤ちゃんの病気に備えて|かかりやすい病気を予防
赤ちゃんが病気になったときはどうしたらいいの!?育児は不安なことがいっぱいですよね。症状から赤ちゃんの病気を知ることもできるのです。赤ちゃんの病気にはどんなものがあるのでしょう?