子育て支援がある事を知ってましたか?情報提供・情報交換

シェアする

子育て支援
子育て支援

子供が生まれていざ子育て、と思っていても周囲に育児のアドバイスをしてくれる人や情報交換ができない、子供を預けて働きたいけれど保育施設がないという現状に悩まされているママも多いでしょう。現在、すこしずつ子育て支援の制度が広まってきています。子育て支援とはどのようなものなのでしょうか?

子育て支援とは?

子育て支援とは、社会全体が子供を産み育てやすい・そして子供が暮らしやすい環境・地域・社会にするために人材や資金、情報などを提供して整えることをいいます。国も少子化対策の一つとして、子育て支援事業を行なっていますし、国だけでなく各自治体や企業、社会教育施設などが行なっている子育て支援もあります。

近年は少子化・核家族化が進んでいますから、周りにママ友がいないために、親も近くにいないために子供を預けることもできず、育児の相談や情報交換をすることができず、悩むママも増えています。また、生活面も子供を出産する前と比べてお金がかかるようになるのが現実です。子育て支援は、ママをさまざまな方向からサポートしてくれるためにあるのです。

資金・制度面の子育て支援

るのです。また、出産育児一時金や児童手当、乳幼児医療控除など、お金の面でも生活への負担ができるだけ少なくなるように、子育て支援が行なわれているのです。

政府は、少子化対策としてこれまでよりも充実したサポートを検討しています。例えば出産育児一時金は、現在30万円の子宮ですが2006年秋からは35万円に増額される予定ですし、児童手当の期間も延長になりました。資金・制度面では今後も子育て支援は充実していくでしょう。

情報提供・情報交換の子育て支援

『公園デビュー』という言葉があるように、これまでは公園に行けば同じ年頃のママと子供たちがいたのですが、すでにグループが出来上がっていて、一人では入っていけないという人も増えてきています。

子育てサークルは、誰でも気軽に集まって話をしたり、子供が遊べる環境になっています。また、情報交換や情報提供も行なっているので子育てでわからないことがある場合でも、職員がいるので気軽に聞くことができます。子育てについての相談もできるのが嬉しいですね。主に地方自治体が行なっています。保健センターや公民館などで定期的に行なわれています。

環境面の子育て支援

出産後も働くママが増えてきていますよね。ですが、子供を預けることができる保育園はいつもいっぱい…こどもが小学生になっても一人で家に留守番させるのは心配…という人も多くいるため、働くのを断念した人もいるんです。そのような話を聞いた人が子供を産むことをためらうという事例もあります。現在、少しずつ働いていても子供が安心して暮らせる環境の整備が進められています。

企業の託児所 保育園や保育所は数が足りずに、入園・入所待ちをしなければいけない状態が多くあります。そのため、復職したいと思っていても子供を預けることができずに退社する女性も増えています。最近は企業側が社内に託児所を設けて、社員が安心して子供を預けられる環境を整えているところもあります。
児童館
学童保育
日中、両親が家に不在の場合、児童館や学童保育にお願いすることができます。地域によって何歳までの子供が対象になっているか違うので、確認する必要があります。児童館や学童保育では、授業終了後の遊び場・生活の場を提供しています。
育児相談 保健センターなどでは定期的に育児に関する悩みや相談を受け付けています。周囲に育児の先輩がいないと、不安になることもありますよね。子供成長は順調なのか、しつけや食事についての不安や疑問などを、保育士や栄養士が答えてくれます。各自治体の保健センターなどで定期的に行なわれています。
トップへ戻る