育児休暇はいつまでとれる?給与や職場復帰まで(母編)

シェアする

ママの育児休暇
ママの育児休暇

出産前まで働いていたママは産休を取った後、そのまま引き続き育児休暇を取ることが多いですよね。育児休暇と産休をまとめて『産休』と言っている人もいますが、制度や法律など違う部分もあるので、混乱しないようにしてくださいね。育児休暇とはどのような休暇なのでしょうか。

育児休暇(育休)とは?

育児休暇は『育休』とも呼ばれ、働いている人が育児をするために休暇をとることです。この育児休暇は『育児・介護休業法』という法律によって定められています。ママだけでなくパパも育児休暇(育休)を取ることは可能ですが、まだまだパパが育児休暇(育休)をとる例は少ないですよね。育児休暇(育休)は、本人から申請があったとき、会社側は拒否することはできませんし、育児休暇(育休)を理由に解雇することもできません。

育児休暇(育休)を取ることができる条件

育児休暇(育休)を取るためには2つの条件があります。

  • 子供が1歳未満であること
  • 子供が1歳以上になったら、引き続き勤務可能

この条件を満たしていれば、育児休暇(育休)を取ることができます。また、日雇いの勤務は育児休暇(育休)を取ることはできません。派遣社員の場合、同じ事業主に1年以上雇用されているならば、育児休暇(育休)を取ることができます。

育児休暇(育休)の期間

ママの場合、育児休暇が取れる期間は産後休業(産休)の8週間が終わった翌日から子供が1歳の誕生日を迎える前日までです。

育児休暇(育休)の取れる回数

子供1人につき、1度しか育児休暇(育休)をとることができません。この1度は、連続して休暇を取っていなければいけません。育児休暇中に1度でも出社してしまうと、その時点で復職したとみなされますので注意してくださいね。

育児休暇(育休)中の給与はどうなるの?

給料
給料

ほとんどの会社では育児休暇(育休)中の給料は支払われません。また、昇給や昇進もこの期間はストップされます。法律上では育児休暇(育休)中の給料は支払うかどうかについての規定はありませんが、大企業は育児休暇(育休)中も給料を支払い、出産後も復職しやすいように配慮しているところもあります。

育児休暇(育休)中に給与をもらえなかった場合は、『育児休業給付金』を申請すれば、雇用保険から受け取ることができます。育児休業給付金の管轄はハローワークで行なっていますが、通常手続きは会社を通して行ないます。手続き後、毎月これまでの給料の30%が最大10ヶ月間、育児休暇(育休)終了まで支給されます。

ただし、育児休業給付金の上限額は14万4630円なので、月給が高い人は給付率が30%以下になることもあります。育児休暇(育休)が終わった後、職場に復帰して6ヶ月以上勤務すれば、『育児休業者職場復帰給付金』が支給されます。この給付金は、産休前の給料の10%×育児休暇(育休)の月数分支給されます。この手続きも会社に申請すれば、会社で行なってもらえますよ。

育児休暇中の各種保険は免除?

免除されるお金
免除されるお金

育児休暇(育休)は産休のときとは違い、申請をすれば健康保険・厚生年金が本人・会社負担分の両方が免除されます。免除期間中も健康保険は使えるので安心してくださいね。これは、社会保険事務所へ申請をした月から免除されます。逆に申請をしていないと払い続けることになり、返還もされないので産休中から会社に申請しておきましょう。免除期間は申請後から育児休暇終了した翌日が属する月の前月までです。

ややこしいですが例えば、8月21日で育児休暇が終了したとすれば、8月22日から職場復帰しますよね。職場復帰した月から健康保険を支払うことになるので、その前月である7月分までが免除されるということです。

育児休暇は最大で子供が1歳になる前日まで取ることができますが、「早く職場復帰したい、でも育児をしたい」と悩むところです。育児休暇(育休)はパパも取ることができますから、できれば、半年ずつ育児休暇(育休)を交代で取りたいですよね。

パパの育児休暇(育休)についての説明はこちらのページです。

育児休暇はパパでも取れるから制度をしっかり確認
育児休暇はパパでも取れるから制度をしっかり確認
男性も育児休暇(育休)を取ることができるのです。でも、育児休暇(育休)の取り方がよくわからないという人もいるでしょう。ママと協力して育児休暇(育休)を取ってみませんか?