赤ちゃんが生まれて最初の桃の節句や端午の節句!初節句のお祝いはどうしてますか?

シェアする

女の子が生まれて最初の桃の節句や男のが生まれて最初の端午の節句を初節句といいます。それぞれ、お祝いの雛人形や兜、こいのぼりの飾りつけ、菱餅、ひなあられ、柏餅などのお祝いの料理があります。

初節句のお祝いをしましょう

初節句
初節句
ちの2つです。

引用URL http://sukucale.com/ikuji/sekku.html

初節句は、赤ちゃんの健やかな成長を祝うと共に厄除けを願う行事になります。

女の子は3月3日、男の子は5月5日が初節句になります。
生まれて間もない場合は翌年の節句に行います。

両親や親戚を招いて内祝いをします。

二人目や三人目の子も同じようにお祝いします。

五節句は季節の草や木に関連していますが、季節に応じた植物を食することで邪気を払うのが目的でした。

人日(じんじつ)正月7日 お正月の七草・・・(七草粥)
上巳(じょうし)3月3日 3月の上巳の桃・よもぎ・・・(桃花酒→江戸時代以降は白酒)
端午(たんご)5月5日  5月の端午の菖蒲・・・(ちまき→江戸時代以降は柏餅)
七夕(しちせき)7月7日 7月の七夕の竹・瓜・・・(さくげ→江戸時代以降はそうめん)
重陽(ちょうよう)9月9日 9月の重陽の菊・・・(菊酒)

奇数が重なる五節句ですが、元旦だけは別となって7日になります。

節は、季節の変り目をあらわします。奇数が重なると陰になるとして、季節の植物から生命力をもらい邪気を払う行事が行われていました。

桃の節句は女の子にとって大事なイベント

桃の節句
桃の節句

3月3日は「桃の節供」です。本来は「上巳の節供」といいますが、ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を願う「ひな祭り」として親しまれているので、女性には少なからずおひな様の思い出があるのでは?

桃の節供というのは、桃の開花期に重なるというだけでなく、桃の木が邪気を祓う神聖な木と考えられていたからです。

雛人形は、平安時代には、川へ紙で作った人形を流す「流し雛」がありましたが、

厄除けから守り雛として飾るようになりました。

ひな祭りには古くから伝わる伝統的なお祝い料理があり、春の訪れを伝える旬の食材が使われています。代表的なものとして、はまぐりの吸い物や菱餅(ひしもち)、ひなあられや白酒(しろざけ)、ちらし寿司などがあげられますが、それぞれの料理や色にも縁起の良い意味が込められています。昔の人ならではの風情ある由来を知ると、よりいっそう意味をもってひな祭りが楽しめそうです。

桜餅
桜餅

ひなまつりには、縁起の良いものとして、貝のお吸い物やちらし寿司をいただきます。
他に縁起のよいものとして、桜餅やよもぎ餅などもいただきます。

菱餅やひなあられのピンク、白、緑のひなまつりの代表的な色にも意味があります。

が、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

男の子の健やかな成長を願う端午の節句

端午の節句
端午の節句

現代では「こどもの日」として祝われる5月5日。この日はもともと五節句の端午の節句にあたります。端午の端は「はじめ」という意味で、「端午(たんご)」は5月最初の午(うま)の日のことでした。それが、午(ご)という文字の音が五に通じることなどから、奈良時代以降、5月5日が端午の節句として定着していきました。

こいのぼり
こいのぼり

端午の節句では、内飾りとして鎧や兜、外飾りとしてこいのぼりを飾ります。

イメージとしては鎧や兜は端午の節句が連想され、こいのぼりはこどもの日が連想されますね。

以前は、母方の両親が五月人形や鎧兜の飾りを贈る習慣がありましたが、現在では、両家で折半することが多くなりました。

端午の節句では、柏餅やちまきを食べることが定着しています。これは、柏餅に使われる柏の葉っぱやちまきに使われる菖蒲に意味があるからです。柏の葉は「新芽が出てこない限り、古い葉が落ちない」という特性から子孫繁栄を意味し、菖蒲には「勝負」や「尚武」と読みが同じことから「男の子が強くたくましく育ってほしい」という意味が込められ、男の子にふさわしいものとして考えられています。

端午の節句は菖蒲の節句と言われていました。

端午の節句では、厄払いとして菖蒲湯に浸かる習慣があります。

かしわもち
かしわもち

端午の節句での食べ物には柏餅やちまきが有ります。

地域によっては、その土地ならではの和菓子もあるようですが、筆者はこの定番が好きです。柏餅なんかはおはぎほど甘くはないので、ついつい食べ過ぎてしまいます。

初節句のお祝いまとめ

初節句のお祝いまとめ
初節句のお祝いまとめ

赤ちゃんの初めての節句となる初節句。

健やかな成長を祝い、両親、祖父母を招いてお祝いします。雛人形や鎧兜、こいのぼりを飾ってもらって、子供はうきうきしていますね。
男の子たちはおいしいものが食べられると言う事だけで喜んでいた気がします。

赤ちゃんが生まれてからは、たくさんの行事があります。

それも”初物”は一度きりです。

思い出に残るくらいたくさん祝ってあげましょう。

トップへ戻る