産休の期間はいつから?産前と産後の休業の違い

シェアする

産休の期間
産休の期間

妊娠中も働くプレママが増えてきていますが、出産直前になるとやはり産休を取るか退職するか悩む人も多いでしょう。「会社で産休を取りたいといったら嫌な顔をされた…」と結局産休を取ることなく、退職する道を選ぶ人もいます。産休とは何か、産休中にもらえるお金について解説していきますね♪

産休とは?

一般的に『産休』と呼ばれていますが、正確には産前休業・産後休業といいます。これを合わせた言い方が産休なのです。産休は労働基準法で定められている休暇ですので、会社側が「産休は取らせない」とはいえません。産前休業と産後休業とは休暇の期間が違うので違いを知っておきましょう。

産前休業

出産予定日からさかのぼって6週間、出産準備のために会社を休むことができます。双子などの多胎妊娠の場合は出産予定日の14週間前から休むことができます。もし、出産予定日よりも実際の出産が遅くなったとしても、産休が短くなるわけではなく、その期間はきちんと産前休業(産休)期間に含まれます。出産予定日よりも早く生まれた場合は、産まれた日からさかのぼるので、産前休業(産休)は短くなります。

産前休業(産休)は、本人が「産休を取りたい」と会社側に請求しなければいけません。もし、プレママが出産直前まで働きたいといえば、働くことは可能です。

産後休業

出産した翌日から8週間が産後休業になります。この期間のうち、産後6週間を経過するまでは、ママ自身が働きたいといっても絶対に働かせてはいけません。これも労働基準法で定められています。産後6週間以降は、本人が「働きたい」と希望すれば、勤務しても可能です。

産休は会社の就業規則に書かれていないことがあります。ですが、産休は労働基準法で定められている休暇なので、就業規則に書かれていなかったとしても産休は取得することができます。産休と育児休暇を混同してしまっている人もいますが、違います。

産休中の給与はどうなるの?

産休中の給与
産休中の給与

産休を取ろうと思っているプレママにとって心配なことは、産休中の給与のことですよね。産前休業や産後休業中もきちんともらえるのでしょうか?産休中の給与は、労働基準法では決められていません。つまり、会社によって判断が違い、給与があるところとないところがあるのです。多くの会社は、産休中は給与がありません。

その代わり、産休中に会社から給与をもらっていない場合は、出産手当金として勤務先の健康保険から給与の60%が支払われます。最大で産前休業の6週間(42日)分+産後休業の8週間(56日)分の合計98日分は受け取ることができます。この期間中、勤務していた・会社から給与をもらっていた場合は、出産手当金は支払われません。

また、出産日によっては産休が短くなることもありますが、その場合は出産手当金の支払い日数も変わります。この出産手当金は『出産手当金請求書』に医師に必要事項を書いてもらい、産休後に会社に提出して手続きを行ないます。1~2ヵ月後に振り込まれますよ。

産休中の各種保険はどうなるの?

多くの会社は産休中無給になってしまいます。ですが、健康保険や社会保険、厚生年金を支払わなければいけません。時々「産休中は健康保険や社会保険、厚生年金が免除になるって聞いたのに会社から請求された!」という人もいます。産前休業・産後休業の計14週間(98日)は免除になりません。免除になるのは、育児休業(育休)期間なので間違わないでくださいね。産休中に健康保険や社会保険の支払いをすることは少なく、産休後の最初の給与やボーナスでまとめて天引きされることが多いようです。

現在も産休を取りづらい雰囲気がある会社も多いようで、無理に出産間際まで働くプレママもいます。「産休を取りたい」と会社側に伝えると、嫌な顔をされたり正社員からパートになるようにいわれたりすることもあるかもしれません。ですが、産休は労働基準法に定められている休暇ですし、産休を理由に解雇なども認められていません。

赤ちゃんを出産する、という一大イベントがあるんです。できるだけ産休を取って、出産に備えてくださいね。

トップへ戻る