臨月のママの状態どうなってるの?この時期にがきたら出産準備

陣痛

臨月に入ると、いよいよ出産も間近ですよね。おなかが急に大きくなったように感じるプレママも多いのではないでしょうか。おなかの中の赤ちゃんを感じることができる最後の期間が臨月です。臨月の過ごし方や気をつけることはどんなことがあるのでしょう?

臨月とは?

『臨月』と聞くと、今すぐにでも赤ちゃんが産まれてくるようなイメージがありますよね。臨月=出産月と思っている人も多いのではないでしょうか。辞書で調べてみても「出産予定の月」と書かれています。でも、本当はちょっと違うんです。

臨月とは、妊娠36週0日~39週6日の妊娠10ヶ月のことを指すのです。そして「赤ちゃんがいつ産まれても大丈夫!」という正期産は妊娠37週0日~41週6日なので、臨月とは若干時期がずれています。36週0日~36週6日までは臨月の期間ではありますが、正期産ではないので早産となるのです。早産といっても、赤ちゃんもかなり成長していますから、心配することはありませんよ。

臨月のママと赤ちゃんの状態

臨月になると、これまでと違い赤ちゃんも産まれてくる準備を始めるのでママの身体にも少しずつ変化がおきてきます。

臨月の赤ちゃんの状態

赤ちゃんの大きさは体重が2,700~3,400g、身長も48~53cmくらいに成長し、赤ちゃんにとってもそろそろおなかの中はきゅうくつになってきます。臨月になっても赤ちゃんは約500gほど成長するんですよ。これまで元気良く動き回って胎動を感じさせてくれましたが、場所がないために大きな動きは減ってゆっくりとした胎動になります。赤ちゃんの身体も少しずつ下がり始め、頭を骨盤の中に固定します。

臨月のママの状態

赤ちゃんの成長もいよいよラストスパートです。そのため、臨月になると一段とおなかが大きくなります。出産が近づいているために、おりものの量が増え始めます。おりもの用のナプキンを利用して、下着を汚さないようにしましょう。臨月になると前駆陣痛がおこったりおなかが少し張ったりするようになってきます。

赤ちゃんの頭が骨盤の中に入ると、これまでのような胃の圧迫がとれるため、食欲が急に出てきます。臨月だからといって安心して食べ過ぎないでくださいね。臨月でも妊娠高血圧症候群にかかることがあります。胃の圧迫はなくなりますが、今度は足の付け根が痛くなる・便秘気味になるといった症状があらわれます。

臨月になったら出産準備!

臨月の女性

臨月に入ったら、いつ陣痛がきて出産になってもバタバタしないように出産準備をしっかりとしておきましょうね。入院するときに最低限必要なものをカバンにまとめておくと、陣痛がきたときにパッとカバンをもって出かけることができますし、パパに持ってきてもらうこともできますね。

保険証や母子手帳、印鑑など
パジャマ
タオル・バスタオル
洗面用具
おむつやおむつカバー、おくるみなどの赤ちゃん用品
腹帯、さらし
秒針付きの時計 など

詳しくは出産準備のページを見てくださいね。また、ママが入院することになった場合、パパはどうすればいいのか、誰に連絡をすればいいのかなども伝えておくと、パパがオロオロしなくてすみますよ。

臨月になっても気を抜かないで

スマホで病院を確認する女性

おなかが一層大きくなって、歩くのも大変になってきますがスムーズに出産するためにも適度な運動、イメージトレーニングはしておきましょう。運動といっても、パパと一緒に散歩に行く程度でかまいませんよ。妊娠が順調な人はマタニティヨガやマタニティビクスもオススメです。身体を動かすことは、リラックスにも繋がります。臨月になると、急に不安に感じることも多くなってきます。そんなときは散歩をして気分転換をしてください。

そして、臨月になったら実際に出産するときのイメージトレーニングや呼吸法のおさらいをしておきましょう。いざ出産となるとパニックになってしまい、呼吸を忘れてしまうママも多いんですよ。臨月に入ったら、時間をみつけて出産時のイメージトレーニングを行なってくださいね。

臨月に入ると、いつ赤ちゃんが産まれてくるのかとドキドキワクワクの毎日になることでしょう。出産が始まるおしるしやおなかの張りのサインなどを見逃さないようにしてくださいね。あと少しの妊娠期間です。元気な赤ちゃんが産まれてくるのを楽しみして待っていましょうね。