無痛分娩の種類とは|麻酔やメリットについて

無痛分娩

出産時の痛みは想像以上で、出産後は「もう二度と産みたくない」と思う人が多いのも事実です。「出産の痛みに耐えてこそ母」という人もいますが、できるなら痛みを少なくして出産したいですよね。日本ではまだまだ普及していない無痛分娩ですが、どういった出産方法なのでしょうか。

無痛分娩とは?

出産するときに痛みはつきものと思っている人も多いのですが、無痛分娩という方法を選べば、痛い思いをすることなく出産できます。無痛分娩とは、麻酔を使って出産時の痛みを取り除いて出産する方法です。日本ではまだ一般的な出産方法ではありませんが、海外の先進国では無痛分娩で出産するのが主流になっているんですよ。日本では未だに「出産の痛みを経験しないといけない」という考えが主流になっているため、無痛分娩は一般的ではありません。そのため、ママの中にも「自然分娩が一番!」と考えている人も多いかもしれません。

ですが、あまりにも痛すぎる出産は、ママだけでなく産まれてくる赤ちゃんを危険にさらしていることを知っておいてくださいね。ママがあまりに痛みで苦しんでいると、ストレスがたまり過呼吸の可能性もあります。ママが過呼吸を起こしてしまうと、産まれてくる赤ちゃんも酸素が不足してしまい、仮死状態になってしまうこともあるのです。『無痛分娩』と聞けば、痛みだけでなく感覚もないようなイメージを持っている人がいます。ですが無痛分娩は、痛みはほとんどありませんが、感覚はしっかり残っているので、「産んでいる」ことがわかりますよ。

無痛分娩の種類

新生児

無痛分娩には大きく分けて2種類の方法があります。痛みや緊張を取り除きたいと無痛分娩を選択する場合と、ママの体調を考えて医師から無痛分娩を提案される場合もあります。

全身麻酔

現在では、局所麻酔よりも危険性が高いため、ほとんど使われていない全身麻酔ですが、ママの体調によっては全身麻酔での出産を行なうときがあります。

長所
  • 準備が比較的簡単に出来ます。
短所
  • 妊婦さんの意識がなくなるため、嘔吐してしまうことがあります。そのため、麻酔を行う10時間以上前から食事が出来ません。
  • 意識がないので、「いきむ」ことができないため、吸引分娩になることが多いです。
  • 痛みはありませんが、意識や感覚もないために「赤ちゃんを産んだ」という実感がありません。

局所麻酔

現在の無痛分娩の主流は、局所麻酔の硬膜外麻酔法という方法です。この方法は、妊婦さんの背中からチューブを通して硬膜外腔という部分に麻酔をして痛みを取り除く方法です。

長所
  • 痛みはなくなりますが、意識ははっきりしています。
  • きちんと「いきむ」ことができ、産んだ感覚もあります。
  • 長時間にわたって痛みをとることが可能なので、途中で麻酔が切れる心配がありません。
  • 妊娠高血圧症候群や高血圧になっている妊婦さんにも有効です。
短所
  • 麻酔科医と産科医がお産に立ち会う必要があります。日本では麻酔科医が少ないのが現状です。
  • 吸引分娩になることがあります。
  • 血圧が低下したときのことを考えての準備が必要なため、分娩管理をする医師が常に側についている必要があります。

無痛分娩のメリット

新生児の足

2回目以降の妊婦さんでは2~4時間程度で出産することができます。

無痛分娩は、麻酔を使うことで妊婦さんの身体の緊張を取り除くので、赤ちゃんにとっても楽に産まれてくることができるのです。自然分娩では酸素不足になりがちな赤ちゃんですが、無痛分娩では赤ちゃんに酸素がちゃんと供給されます。また、普段から高血圧や妊娠高血圧症候群の妊婦さんにも危険なく出産することができるメリットがあります。

無痛分娩は、麻酔科医と産科医の両方が必要ですし、医師の技術も重要になってきます。そのため、まだまだ日本では無痛分娩を行なえる病院が少ないのが現状です。もしあなたが無痛分娩を考えているのなら、病院探しを始める段階から無痛分娩を行なっているところを探してくださいね。無痛分娩で出産した人は、痛みがなくスムーズに産むことができるせいで、出産直後に「もう一人欲しいな」と思う人が多くいるんですよ。妊婦さんにとっても赤ちゃんにとっても、無痛分娩はオススメです♪