妊娠兆候は普段より多く出血したりおならが多く出たりする

妊娠兆候

「あれ?もしかして妊娠したかな?」といつもと違う自分の身体に気づくと、ドキドキして、嬉しい気持ちとちょっぴりの不安な気持ちがありますよね。
「妊娠したかな?」と思える妊娠兆候の症状にはどのようなものがあるのでしょうか。

妊娠兆候とは?

妊娠して赤ちゃんがおなかの中で成長し始めるとママとなる女性の身体にも変化が起こり始めます。これはホルモンバランスが変わり、妊娠ホルモンと呼ばれるホルモンが分泌され始めるからなのです。妊娠したばかりだと当然のように外見が変化するわけではありません。ですが、身体の中では着実に少しずつママになるための身体へと変化していくのです。

妊娠兆候とは、妊娠したばかりの頃にあらわれる症状のことをいいます。妊娠兆候は人によってそれぞれ違うので、「妊娠兆候は必ずこうだ!」というものではありません。いくつもある妊娠兆候を知り、あなた自身に当てはまるかどうか確かめてみてくださいね。

妊娠兆候の種類

妊娠兆候は人それぞれ違いますが、一般的な妊娠兆候はいくつかあります。いくつもの妊娠兆候が重なってあらわれているのなら、妊娠している可能性がありますよ!

生理がとまる 妊娠兆候の中で一番わかりやすいのが、生理がとまってしまうことです。規則正しく生理がある人なら1週間遅れると妊娠兆候と考えましょう。ただし精神的ストレスなど心身に負担がかかると生理予定日がズレることがあります。
おなかがはる
便秘になる
生理痛に似た痛みが一定期間続いたり、便秘になったりします。妊娠することで腸の運動が抑えられてしまうために便秘になることがあります。また、おならが多く出るようになるのも妊娠兆候のひとつです。
胸が張る 生理前に胸が張る人もいますが、妊娠兆候の場合は生理予定日を過ぎた頃から胸が張り始めます。胸を触るとかたく感じますし、触らなくても張っている感覚があります。
熱っぽくてダルい
風邪のような症状
普段の体温よりも+1℃程度熱があり、身体全体がダルく感じます。眠気があることもあり、風邪と間違えてしまうこともあります。妊娠している可能性が考えられるのなら、風邪薬は飲まないようにしてください。
高温期が
20日以上続く
毎日基礎体温をつけていて、生理周期がはっきりしている人で高温期が20日以上続いているのであれば、妊娠している可能性が高くなります。
吐き気がする ごく初期の妊娠ではつわりがおきることは少ないのですが、人によっては吐き気というつわりの症状があらわれることがあります。また、食べ物の好みが変わってしまう人もいます。
出血がある 生理時ほどの出血ではありませんが、軽い出血があるときがあります。これは着床出血というのですが、受精卵が子宮に着床したときにおこる出血です。ですが、生理の始まりのときの出血に似ているために、気づきにくいです。

妊娠検査薬と産婦人科

いくつかの妊娠兆候が重なって症状があらわれたら、妊娠している可能性があります。できれば産婦人科に行って確かめた方が良いのですが、もし妊娠していなかったらがっかりしてしまいますよね。今は妊娠検査薬がありますから、妊娠検査薬で確かめてから産婦人科に行ってみてはいかがですか?妊娠兆候があらわれる頃は生理予定日から1週間前後経った頃ですから、ちょうど妊娠検査薬でも反応が出始める時期になります。

もし、陽性反応が出たらほぼ妊娠していると思って間違いないでしょう。産婦人科に行って正常妊娠かどうかを確認してもらいましょう。陰性反応だったら、がっかりしてしまうかもしれませんが、まだ妊娠していないとは言い切れません。もう少し様子を見て、再度妊娠検査薬を使うか産婦人科で再度検査してもらいましょう。初めての妊娠であれば、産婦人科に行くのはちょっととまどってしまうかもしれませんが、勇気を出して行ってみてください。

妊娠兆候=正常妊娠とはいえない

妊娠兆候

「いくつもの妊娠兆候の症状が出ているから赤ちゃんができた!」と喜びたくなるのですが、産婦人科できちんと検査してもらうまでは油断は禁物です。

妊娠には正常妊娠と異常妊娠があります。正常妊娠であれば、赤ちゃんはあなたのおなかの中で少しずつ成長していくのですが、子宮外妊娠や胞状奇胎などの異常妊娠であれば胎児は成長できないだけなく、あなたの身体も危険な状態になってしまいます。妊娠兆候は異常妊娠であっても、ホルモンバランスの関係で症状はあらわれます。妊娠兆候がかならず妊娠しているとは言い切れないのです。

赤ちゃんが欲しいと考えているなら、日頃から自分自身の体調の変化を見逃さないでくださいね。

妊娠兆候・私はこんな症状でした(体験談)

妊娠兆候・私はこんな症状でした

妊娠兆候として最初に感じた症状が、最近なんだかお腹が張るなということでした。
そして、便秘気味になっていたので何が原因なのだろうかと思っていたのですが、後から振り返ってみるとこれが妊娠の兆候だったということです。
子供がほしいと思っていたのに、この症状で気づかないという自分も抜けているのかもしれませんが、まさか妊娠をするとお腹が張るとは思っていなかっただけに、単にお腹の調子が悪いだけなのかと思っていたのです。

また、普通であれば生理が止まって妊娠をしたということがわかるのでしょうが、自分の場合には生理不順になることが多かったので、生理が来なくてもただ遅れているだけなのだろうなと思ってしまって、妊娠をしていることに最初のうちには気づきませんでした。
そして、さすがに生理が来るのも遅くてこれはもしかすると妊娠しているのではと、妊娠検査薬を試してみてようやく妊娠をしていることがわかったのです。

後から気づく妊娠による体の不調

妊娠をしているということがわかった途端、お腹の張りも妊娠が原因だったのかなと思うようになり、更にこのところ身体がだるかったり、熱っぽいところがあったのでこれが理由だったのかと改めて納得をすることができました。
それと同時に妊娠をしたということがはっきりとわかると、嬉しさがこみ上げてきました。
その後はお腹の赤ちゃんのためにも日常生活に気を配ると同時に、妊娠による体の変化も観察をしていたのですが、あまり大きな体の変化はありませんでした。
生理が来ないのは妊娠をしているから当然のことであり、これは不思議ではありませんでしたし、お腹の張りも原因がわかったので対策をしたところ徐々に改善をされました。
代わりに胸が張るという症状が出てきたので、これも妊娠による影響のひとつなのだろうなと冷静な目で見ることができたので特別悩むようなこともなかったです。
妊娠をしてわかったことは、たしかに兆候はあるものの意識してみなければわからない部分もあるのだなということでした。

そんなドジな私ですが、今回の妊娠経験がほかのママの役に立てばいいですね。