基礎体温の測り方と生理・排卵日から妊娠を予測

基礎体温を測る体温計

そろそろ妊娠して子供が欲しいなぁと考えているあなた、毎日きちんと基礎体温を測っていますか?基礎体温は、女性の身体のリズムを知り妊娠しやすい時期を知ることができるのです。基礎体温について詳しく知っておきましょう♪

基礎体温とは?

基礎体温は生理の周期がわかる体温、ということならなんとなく知っているけれど、具体的にはどのような状態で測るものかを知らない人も多いのではないでしょうか。基礎体温とは、身体を動かさずに最も安静にしている状態での体温のことです。この状態に一番近いのが、朝目を覚ました状態なのです。『基礎体温は朝、寝たままの状態で測りましょう』といわれていますよね。これは立ち上がったり動いたりすると、その瞬間から体温が上昇を始めてしまうからなのです。基礎体温は、目が覚めたら起き上がらずに静かに測るようにしてくださいね。そして、基礎体温を測る上で大切なことがあります。

  • 毎朝、決まった時間に測ること
  • もし起き上がったら測らない

人間の身体は、一定周期で体温が微妙に変化しています。休みの日であれば、ちょっとゆっくり朝を過ごしたいですよね。いつもと違う時間に測ったり、一度起き上がって基礎体温を測ったりすると正しく測ることができません。そのような日は基礎体温表に記入せずに空白にしておきましょう。

【基礎体温表】パソコン・携帯でかんたん管理。すべて無料!

基礎体温は婦人体温計で

基礎体温は通常の体温計で測ることはできないほどの微妙な体温差なのです。0.3~0.5℃の間で細かく変化しているために、通常の体温計ではその変化を知ることができません。そのため、基礎体温は、小数点2桁まで測定できる婦人体温計で測るのです。通常の体温計の目盛りは0.1℃ずつきざまれていますよね。ですが婦人体温計は0.05℃ずつ目盛りがきざまれ、細かく測ることができるのです。

婦人体温計の種類

婦人体温計には大きく分けて3種類あります。価格やあなたの生活スタイルに合わせて選んでくださいね。

水銀計 昔ながらの水銀タイプの婦人体温計で、価格が1,000円ほどと安いのが魅力です。体温の測定に時間がかかりますが、細かい体温を正確に測るにはやはり水銀計が一番信頼されています。基礎体温に対しての知識がしっかりある人にオススメです。基礎体温の測定中に眠ってしまう人は電子タイプがよいでしょう。
電子体温計 手軽に素早く基礎体温を測ることができるので、現在の主流になっている基礎体温計です。1~3分と短時間で測ることができ、体温の測り終わりをピピッという音で知らせてくれます。短時間で測ることができるということは、体温の予測もふくまれているため、正確性は水銀計よりもおとります。2,000~5,000円ほどで購入できます。
コンピュータ内蔵型
婦人体温計
毎日の体温を自動で登録し、排卵日や生理日の予測も算出してくれる優れものです。データ化やグラフ化も可能なので、毎日自分で基礎体温表を書く必要がありません。毎朝、忙しい人にオススメの婦人体温計です。ただし、価格は15,000~20,000円と高価です。

婦人体温計での基礎体温の測り方

毎晩、寝るときには枕元に婦人体温計と基礎体温表を置いておきましょう。朝、目が覚めたらすぐに婦人体温計を手に取り、舌の下に入れて測ります。脇の下で測るのが一般的に思いますが、より正確に身体の温度を測るためには、外部の気温に左右されにくい舌の下で測るのが一番よいのです。

基礎体温でわかること

基礎体温を毎日基礎体温表に記録していくと、あなた自身の身体のリズムを知ることができます。基礎体温は生理周期と密接な関係にあるため、基礎体温の変化で排卵日や生理日、妊娠しているかどうかもわかります。妊娠しているかどうかを確認するために、産婦人科に行くときも、毎日つけている基礎体温表を持っていくとよいでしょう。

低温期 生理が始まり排卵日まで低温期が続きます。
高温期 排卵日の翌日から基礎体温は上昇し、次の生理日まで高温期が続きます。

基礎体温で排卵障害と妊娠もわかります

排卵がきちんとある人は、低温期と高温期が約2週間ではっきりと分かれているのが基礎体温表からわかります。ですが、排卵がないと低温期か高温期かのどちらかが長く続いたり、どちらかはっきりしないグラフになります。このような基礎体温表が何ヶ月も続いている場合は、排卵障害の可能性があるので、病院で診察してもらいましょう。

排卵後の高温期が21日以上続いて、低温期がこないと妊娠している可能性があります。これまで、定期的に低温期と高温期があったのに、高温期が続いているのであれば、まず妊娠しているので産婦人科で診察してもらいましょう。

妊娠しやすい時期は?

できるだけ早く子供が欲しいと思ったとき、いつが妊娠しやすい時期なのかよくわかりませんよね。妊娠しやすい時期は、排卵日の前後5日間です。排卵日をはさんで全部で10日間が最も妊娠しやすい時期といえるでしょう。

基礎体温は、最低でも3ヶ月以上は測定してくださいね。1ヶ月だけではあなた自身の身体のリズムの特徴をつかみきることはできません。これから妊娠したいと思っているのなら、基礎体温をつけるのを習慣にしてくださいね♪

妊娠検査薬の陰性・陽性の調べ方や検査薬の使い方

産み分けするなら女の子?男の子?排卵日も関係あり