妊娠時の女性の腰痛原因|姿勢や骨格の変化に注意

妊娠時の女性の腰痛

妊娠して誰もが悩まされるのが腰痛です。特に、おなかが大きくなり始める妊娠中期以降は、腰が痛くて歩くのがツライというプレママもいます。なぜ、妊娠中は腰痛になるのか、予防方法はないのでしょうか。

妊娠中の腰痛の予防と対策

妊娠すると腰痛になるプレママがとても多いのですが、腰痛の原因は2つあります。特に腰痛がひどくなるのは、この2つの原因が重なっているためなのです。

ホルモンバランスの変化で腰痛

まだおなかが大きくなっていない妊娠初期から腰痛に悩まされるプレママもいるのではないでしょうか。これは、妊娠中に大量に分泌されるホルモン『リラキシン』が原因なのです。リラキシンには、関節を緩める作用があります。赤ちゃんが産道を通るとき、ママの身体で締め付けてしまわないようにと、骨盤周辺のじん帯や骨の関節を緩めるのです。そのため、ゆるくなってしまった関節を支えようと、筋肉やじん帯・関節にいつも以上に負担がかかり、腰痛になってしまうのです。特に、普段からあまり運動をせずに筋肉がついていない人は腰痛になりやすいので注意してくださいね。

姿勢・骨格の変化で腰痛

おなかが大きくなってくると、ママの姿勢は変化していきます。ママの身体の重心が前に傾き、おなかの重みは全て骨盤で支えることになります。そうすると、自然にママの身体は反らして身体を支えるようになりますよね。反った姿勢、骨盤への負担が腰痛の原因なのです。

妊娠中の腰痛の予防と対策

妊娠中の腰痛予防

妊娠中の腰痛の差は個人差が大きく、筋肉のつき具合や体格、おなかの大きさによってかなり違います。あなた自身、腰痛になりやすい身体なのかよくわかりませんよね。腰痛になる前から、腰痛予防と対策をしておきましょう!

腹帯やマタニティーガードル

腰痛を予防するには骨盤にかかる負担を減らすことが大切です。腹帯やマタニティーガードルはおなかを持ち上げて、骨盤への負担を軽くしてくれます。もともと腰痛になりやすい人は妊娠5ヶ月頃から身に着けるようにするとよいでしょう。

お風呂で温める

筋肉が冷えてしまうと、余計に腰痛がひどくなってしまいます。腰周りは冷やさないようにしつつ、毎日お風呂で身体を温めるようにしましょう。身体を温めると筋肉が柔らかくなり、血行も良くなります。腰痛予防をしていても腰痛になってしまった時は、お風呂に入ることで腰の痛みを軽くすることができます。

腰痛体操

妊娠中は、妊娠前の腰痛体操ではなくおなかへ影響がないハイハイ体操がオススメですよ♪四つんばいになって、左手を少し前に出します。右ひざを少しずつ左手の方に近づけていきます。左手と右ひざの距離はこぶし1つ半くらいまで近づけてみましょう。今度は右手を前に出し、左ひざを近づけていきます。これを交互に5回繰り返しましょう。

筋力アップ

できれば、妊娠前から筋力アップをしておくと良いでしょう。関節がゆるんでくると、知らず知らずのうちに筋肉で身体を支えるようになります。普段から筋肉をあまり使っていない人は、あまり耐えることができないので、日頃から筋力アップする必要があります。特に腹筋と背筋を鍛えておくと腰痛予防になりますよ。妊娠してから筋力アップには、マタニティヨガやマタニティビクスがオススメです。

産後も腰痛がおこりやすいので要注意!

産後も腰痛がおこりやすい

妊娠中の腰痛も、通常は出産後には少しずつ治っていきます。ですが、出産後のママ自身のケアで産後も腰痛になってしまうことがあるので、注意が必要です。緩んでいた骨盤は出産時に開きますが、出産後すぐに元に戻るわけではなく、出産してから約3週間かけて元の形に戻っていきます。この時期に不自然な姿勢をずっとしていると、正しい位置(左右対称)に骨盤が戻らなくなってしまい、ズレてしまいます。赤ちゃんを抱っこしたり、出産の傷の痛みで前かがみを続けていると、不自然な姿勢になってしまいます。

また、出産によって骨盤周辺の筋肉が緩んでいるので、きちんとケアをしないと筋肉も元に戻りません。慢性的な腰痛やヘルニアになることもあるので、注意してくださいね。筋肉が緩んだままであれば、くしゃみをしたときに失禁することもあります。出産後の腰痛を予防するには、サポート用のコルセットやガードルを身につける、整体に行く、腰痛体操やウォーキングで腰周りの筋肉を鍛える必要があります。

妊娠中の腰痛、産後の腰痛のケアはしっかりしないと、後にも症状を残すことになってしまいます。子育てで忙しいと、どうしても赤ちゃん優先でママ自身の体のことは後回しになってしまいますよね。でも、先のことを考えると、無理はしてはいけません。産後の腰痛は早めにケアをすると、きちんと治りますよ。