離乳食をはじめるのは生後何ヶ月頃から?

離乳食

離乳食は、生後5ヶ月頃から始めます。遅くなってくるとおっぱいやミルクだけでは栄養が足りなくなってきます。少しずつ新しい食べ物にチャレンジして、いろんな食材に触れるとこんな色があってこんな味があって、こんな食感があるんだと赤ちゃんの心の豊かさにつながり、食育にもなりますね。ベビーフードも上手く活用しながら、赤ちゃんと食べる楽しみを分かち合いたいですね。

初期:ゴックン期(5~6ヶ月)の離乳食

初期:ゴックン期(5~6ヶ月)の離乳食

初期:ゴックン期(5~6ヶ月)の進め方

離乳食は1割~2割、ほとんどをおっぱい、ミルクから栄養を摂ります。おっぱい、ミルクはリズムをつけて3~4時間のリズムであげます。離乳食は1日1食、目安として朝10時頃にあげて、離乳食のあとにおっぱいやミルクをあげます。最初はおかゆやパンから始めて野菜、卵、魚と進めていきます。初期のおかゆでもトマトやすりおろしたりんごでバリエーションが楽しめます。初めての食品は1日1品にして、アレルギー反応がないか様子を見ます。アレルギー反応があったらかかりつけの医師に従います。

哺乳瓶はメーカーも種類も豊富ですが何を基準に選びますか

ゴックン期のメニュー

10倍がゆ、おじや、ミルクがゆ、バナナヨーグルトなど

10倍がゆのレシピ

【材料】

ごはん1/2カップ、水5カップ

【作り方】

鍋にごはんと水を入れ、火にかけます。沸騰したら蓋をして弱火で20分炊いてできあがりです。

バナナヨーグルトのレシピ

【材料】

バナナ2cm、ヨーグルト大さじ1

【作り方】

電子レンジでバナナを加熱し、裏ごしします。バナナとヨーグルトを和えてできあがりです。

粉ミルクはメーカーから選ぶ?種類から選ぶ?

中期:モグモグ期(7~8ヶ月)の離乳食

中期:モグモグ期(7~8ヶ月)の離乳食
離乳食を食べる赤ちゃん

モグモグ期(7~8ヶ月)の進め方

離乳食が3割、残りはおっぱい、ミルクから栄養を摂ります。離乳食に慣れてくる頃で、咀嚼を覚えるようになります。枝豆や鶏のささみも裏ごしすると食べやすくなります。離乳食は1日2食、目安として10時と14時、または10時と18時などと時間を決めて習慣にします。朝、離乳食の後、眠る前に授乳します。

モグモグ期メニュー

7倍がゆ、雑炊、ドリア、プリン、バナナ入りミルクゼリーなど

7倍がゆのレシピ

【材料】

ごはん1/2カップ、水3と1/2カップ

【作り方】

鍋にごはんと水を入れ、火にかけます。沸騰したら蓋をして弱火で15分炊いてできあがりです。

プリンのレシピ

【材料】

卵1個、牛乳100cc、砂糖10g

【作り方】

ボウルに卵を溶きほぐします。鍋に牛乳と砂糖を入れて温めます。ボウルに温めた牛乳を入れて混ぜたら、こして型に流します。天板などにお湯を張り、型が1cm~2cm浸かるようにします。160℃に予熱したオーブンで20分~25分加熱してできあがりです。

ベビーフードはいつから食べられる?離乳食との違いは

後期:カミカミ期(9~11ヶ月)の離乳食

後期:カミカミ期(9~11ヶ月)の離乳食

カミカミ期(9~11ヶ月)の進め方

離乳食が5割~6割、残りがおっぱい、ミルクから栄養を摂ります。離乳食が多めになります。赤ちゃんの成長の度合いを見て、おっぱいやミルクの量を調節します。ミルクをフォローアップミルクにすることもできます。離乳食は1日3食、目安として10時、14時、18時などにあげます。朝、離乳食の後、眠る前に授乳します。

カミカミ期メニュー

硬がゆ(5倍がゆ)、硬飯、フレンチトースト、オムレツなど

5倍がゆのレシピ

【材料】

ごはん1/2カップ、水2と1/2カップ

【作り方】

鍋にごはんと水を入れ、火にかけます。沸騰したら蓋をして弱火で15分炊いてできあがりです。

フレンチトーストのレシピ

【材料】

食パン1/2枚、卵1/2個、牛乳大さじ2、砂糖小さじ1/2、バター3g

【作り方】

ボウルに卵を溶きほぐし、牛乳と砂糖を加えてよく混ぜます。食パンは食べやすい大きさに切り、卵液によく浸します。フライパンにバターを溶かし、食パンを並べます。弱火で表面に焼き色がつくまで焼いてできあがりです。

完了期:パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)の離乳食

パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)の進め方

ほとんどの栄養を離乳食から摂ります。大人の食べる食事と一緒に作って、柔らかくしたものと作り分けることができます。ミルクを牛乳に変えることもできます。毎食の離乳食とおやつの時間を決め、前半は眠る前に授乳します。

ベビー食器はおしゃれよりも食べやすさを優先で選択

パクパク期メニュー

完了期:パクパク期(1歳~1歳6ヶ月)の離乳食

柔らかいごはん、おにぎり、ホワイトシチュー、フルーツポンチなど

柔らかいごはんのレシピ

【材料】

ごはん1/2カップ、水1/2カップ

【作り方】

鍋にごはんと水を入れ、沸騰したら蓋をし、軽く水分を飛ばしてできあがりです。

フルーツポンチのレシピ

【材料】

バナナ2cm、くり抜いたすいかとキウイ各3個、ベビーフードのミックス果汁大匙2

【作り方】

バナナの皮を剥いて横半分に切り、更に4等分します。器に果物を盛り、ミックス果汁をかけてできあがりです。

離乳食を食べない場合

配になりますよね。本当に心配であれば、母子手帳を持って小児科へ相談に行くのが良いと思います。後期や完了期であっても進み方が遅くて柔らかい物しか食べられないのかもしれません。もし、一口でも食べるのであれば、食べる時間をずらす、かわいい食器を使っておいしいよ、と一緒になって楽しむ工夫をしてみましょう。

離乳食の保存方法

冷凍保存

離乳食を毎食作るのは大変ですね。できればごはん作りは簡単にしたいものです。作りおきができたら調理時間も短く済み、赤ちゃんを待たせることにもなりません。

おすすめの保存方法は、初期~中期の場合、製氷皿に流し入れて冷凍保存する方法です。製氷皿は均等な大きさに仕切られているので、必要な分だけを解凍することができます。後期~完了期は1回に食べる量をラップにくるんで冷凍します。お皿に乗せてレンジにかけるだけでそのまま食べられますよ。