だっこひもは成長とシーンによって種類を使いわけて

だっこひも

日本でもスリングやキャリーなど種類が豊富になってきました。子守帯とも呼ばれるこれらの種類を合わせると、だっこひもやおんぶひもを複数持っている人は半数以上。生活シーンや赤ちゃんの成長などで上手に使い分けているようです。おしゃれなベルトタイプも増えていますが、昔ながらのバッテンに結ぶだっこひもやおんぶひもは根強い人気です。

だっこがいいの?おんぶがいいの?

    おんぶをすると、肩が凝るのでおんぶ派
    家事をする時は必ずおんぶ!
    両手があくのでおんぶ派
    上の子はだっこで下の子がおんぶ
    部屋が狭いのでおんぶだとけがをさせてしまうのでだっこ派
    だっこだと赤ちゃんの顔が見えるのでだっこ派
    赤ちゃんがよく眠ってくれるのでだっこ派

だっこひもの種類

昔ながらのだっこひもは、赤ちゃんと対面する形になります。赤ちゃんは脚が自由になります。使い方は、抱っこひもに手を通して頭から被ります。装着したら、赤ちゃんを足から入れます。赤ちゃんのお尻をしっかり支えてお母さんと密着する優れものです。手作りをする人もいますが、作り方のみをオークションで取り引きしているようで、あまり知られていません。既製品ならフェリシモの「シンプル抱っこひも」が人気があります。

最近のベビーキャリーには、コンビのニンナナンナ、アップリカ、エイテックスといったメーカーがあります。特にニンナナンナは初めての人にも使いやすく、よく人気ランキングの上位に入っています。お父さんにも扱いやすい簡易タイプ、小さなウエストポーチ型、縦抱きができるタイプがあります。スリングがネット状になったトンガ(ベビーホルダー)もお出かけシーンでちょっとだけ抱っこしたいときに便利です。

おんぶひもの種類

昔ながらのおんぶひもは、赤ちゃんと背中で密着するので、赤ちゃんは安心します。赤ちゃんにとっては、視界が広くなって、見る物が新鮮です。家の中で家事をしながらおんぶするには昔ながらのおんぶひもが一番です。最近のおしゃれなおんぶ用のベビーキャリーにはだっことおんぶの兼用タイプもあり、アップリカやコンビで作られています。どうせならお父さんもお母さんが一緒に使えるような、おしゃれなベビーキャリーでお出かけしたいですよね。

だっこひも、おんぶひもの選び方

抱っこ紐で眠る赤ちゃん

素材、通気性

昔ながらのだっこひもやスリングの場合、シンプルなもの、赤ちゃんが安心できる天然素材がおすすめです。赤ちゃんやお母さんの負担にならないような、綿入りや二重になったものが快適です。ベビーキャリー(ベビーキャリア)には裏地にメッシュ素材、ナイロン素材などがあります。

安全性

赤ちゃんが落っこちそうで、手で支えなければならない、というのでは、安全性が低いと言えます。そうはいっても初めてで慣れないうちは支えていないと不安かもしれませんね。安全性の高いだっこひもでも、正しい使い方で赤ちゃんの快適なポジションを見つけてあげてくださいね。

赤ちゃんの成長

しっかり赤ちゃんを支えてくれる、ベビーキャリーやスリングを選ぶと、新生児の赤ちゃんでも使うことができます。首の座らないうちは、横だっこができるだっこひもを選びましょう。首が座ったらコンパクトタイプやおんぶひもを使って縦だっこやおんぶもできるようになります。赤ちゃんが快適かどうかも大切です。

生活シーン

お出かけのときはベビーキャリーが便利ですが、おうちの中なら昔ながらのだっこひもやおんぶひも、簡易タイプが良いでしょう。

機能性

横だっこ、縦だっこ、おんぶとひとつで数種類の抱き方を切り替えられるタイプが出てきました。赤ちゃんの成長や使用する大人のサイズに合わせて調節ができます。肩ひも、肩ベルトが太いほうが肩への負担が少なくなります。疲れなくて長時間の抱っこができるものが良いですね。

だっこひも、おんぶひものお店

まめやだっこひも本舗

オリジナルだっこひもの専門店です。見本を借りて使い心地が解ってから選べるのが嬉しいですね。ナチュラルで優しい印象があります。店舗は持たず、子育て支援グループで実際に触って選べるようになっています。

だっこひも屋

オリジナルスリング「だっこでござる」を販売しているインターネット専門店です。たすきタイプのシンプルで使いやすいスリングです。洋服に合わせやすいカラーが嬉しいですね。

北極しろくま堂

スリングで有名な北極しろくま堂のおんぶひもはあくまでシンプル、赤ちゃんの快適さにこだわっています。1本ひもタイプ、背あてつき、頭あてつきなどがあります。