おしゃぶりは本当に必要なの?実際の効果と選び方

シェアする

おしゃぶりをする赤ちゃん
おしゃぶりをする赤ちゃん

おしゃぶりは英語でなだめる人、代替品という意味があります。赤ちゃんが自分から指しゃぶりをするのに対し、おしゃぶりは大人がおとなしくしてもらいたい時に赤ちゃんに与えます。おしゃぶりは歯の並びを悪くするという考えが一般的ですが、歯並びに配慮したおしゃぶりや鼻呼吸を促す機能のおしゃぶりもあります。

なぜおしゃぶりが必要なの?

おしゃぶりは新生児の赤ちゃんから使うことができます。おしゃぶりを使うことで、赤ちゃんが落ち着いたり、指しゃぶりの防止になります。眠る前に指しゃぶりやおしゃぶりをすると安心して眠ってくれます。

お母さんが育児ストレスを感じるように、赤ちゃんにも欲求が通らないなどのストレスがあるようです。赤ちゃんの口に合わせて選ぶことで、きれいな歯並びを作り、顎の運動を促します。昔は、おしゃぶりには、子供を黙らせる、歯並びが悪くなるといったマイナスのイメージがありましたが、このように良いところもあります。使わなくても問題ありませんが、赤ちゃんの発育やお母さんの育児ストレス対策に、上手に使ってみましょう。

おしゃぶりの種類

おしゃぶりには主にシリコンゴム製と天然ゴム製があります。シリコンゴムは硬く弾力があります。天然ゴムは柔らかくゴムのにおいがあります。

哺乳瓶と同じタイプを選ぶと違和感がありません。赤ちゃんの成長段階に合わせておしゃぶりを選ぶことができて、離乳食が始まる頃には歯がためと併用もできます。使い終わったら哺乳瓶のように洗浄、消毒をします。

便利な小物にはおしゃぶりホルダーやおしゃぶりケースがあります。おしゃぶりホルダーはおしゃぶりにつけることで落としたりなくすことを防ぎます。お出かけの時にはおしゃぶりケースがあるとバッグやベビーカーに吊り下げることができて便利です。折りたたみができる夜用おしゃぶりや、暗いところで光るおしゃぶり、パーツで着せ替えができるおしゃぶりもあります。

おしゃぶりの役割

おしゃぶりをもつ赤ちゃん
おしゃぶりをもつ赤ちゃん

授乳期

赤ちゃんの吸いたい欲求を満たし、情緒を安定させ、脳を活発にします。口を動かすことで哺乳訓練にもなります。

鼻呼吸期

赤ちゃんは口で呼吸することが多いと言われています。鼻で呼吸ができるようになると、免疫力を高め、鼻の成長が促進されます。同じ呼吸でも口呼吸より鼻呼吸のほうが粘膜というフィルターを通るため、病気にかかりにくくなります。鼻呼吸器のおしゃぶりは、鼻で呼吸できるように、口を閉じる設計になっています。

離乳食期

離乳食が始まる頃のおしゃぶりは、乳歯の邪魔をしないつくりをしています。歯ぐきのマッサージができるおしゃぶりもあり、乳歯が生えてくるのを促します。健康的な歯を作ることで鼻呼吸もしやすくなります。

卒業

おしゃぶりを長く使っていると、泣いて発散することが少なくなる代わりに、赤ちゃんの表情に気づかなくなったり、コミュニケーションが取れなくことがあります。2歳~2歳半になったら卒業に向かいましょう。

おしゃぶりの主なメーカー

コンビ

コンビのヌークおしゃぶりは、3サイズに展開し、赤ちゃんの歯の成長を助けます。アメリカでは歯列矯正用として使用されています。離乳食が始まる頃からの噛む練習をする、歯がためも3ステップあります。

Nuby

カラフルな色をしたおしゃぶりです。新生児用のまん丸なおしゃぶりと乳歯が生えた頃のおしゃぶりブライトがあります。どちらも硬めの突起が歯ぐきをマッサージしてくれます。オレンジやストロベリーの歯がためは可愛くて持ち運びするのが楽しくなりそうです。

ピジョン

昼夜兼用タイプ、赤ちゃんの成長に合わせた授乳期用、鼻呼吸促進用、離乳期用があります。握ったり噛んだりできるくちびるトレーニング、噛んで硬さや弾力を感じられる歯ぐきトレーニングなどの歯がためもあります。

指しゃぶりはなぜするの?

指しゃぶりする赤ちゃん
指しゃぶりする赤ちゃん

指しゃぶりは自分の体を確認する自然な行為と言われています。スキンシップが足りない、何か不満があるときにも見られます。5~6歳の指しゃぶりは歯並びに影響してくるのですぐに止めさせなければなりませんが、永久歯に生えかわる前の指しゃぶりは問題ありません。

指しゃぶりを続けていると、上下の歯に隙間ができたり、歯が内側から外側へ向かって歯や歯ぐきが変形します。あまり遅くなると止めさせるのが難しくなってくるので、指しゃぶりする機会を与えない、おしゃぶりの回数を減らすなど工夫をしていきます。

ちなみに私自身は「指、おいしいのー?」と言われて「おいしいー」と答えていたのですが、くやしくなって止めた記憶があります。