ベビー水着は何を選ぶ?おむつ選びや水遊びのアイディア

ベビー水着

赤ちゃんがお座りをできるようになると、水遊びができるようになります。水遊びには「紫外線」「保温」「おもらし」などの心配がつきものですが、海外からの輸入水着などデザインも豊富で機能的です。これらの心配を吹っ飛ばして、可愛いベビー水着とおもちゃで楽しく水遊びをしてみましょう♪

布おむつと紙おむつの比較

水遊びやプールでの心配ごとには、「紫外線」「保温」「おもらし」などが挙げられます。おなかの隠れるグレコ水着やロンパース水着、ハーネス水着ならデザインも可愛いのが多く、冷えにくいです。紫外線や保温機能なら、ラッシュガードがおすすめです。普通のベビー水着の上から着ることもできます。これならワンピースやビキニなどのおしゃれな水着も楽しめますね。

赤ちゃんは風邪をひきやすいので、気温と水温を足して50℃が目安です。後で冷えることも考えて、ちょっとぬるいくらいが適温です。水の量は太ももが半分くらい隠れる量にします。水の中は体力が消耗するので、20分くらい遊んだら終了です。あらかじめ用意しておいたバスタオルで水気を拭き、着替えます。水分を補給したらゆっくりお休みします。

ベビー水着の人気ブランド

海の浜辺にいる赤ちゃん

フットマーク

水に対応した商品展開をするフットマークのベビー水着は、赤ちゃんにぴったりの見た目もふんわり可愛らしいベビー水着です。柔らかいジャージ素材で大きくなっても調節ができるので長く使えます。

リリニルス

存在感あるユーロカジュアルを提案するリリニルスのベビー水着は、ベビー服と同じテイストで優しい色のグレコ水着やワンピース水着で懐かしさを感じます。

クーシーズ

こちらは、先に紹介した使い捨てのおむつと違い何度も洗える水遊び用の水着おむつです。派手過ぎない色使いで男の子も女の子も使えます。上に水着をつける必要がなく、マジックテープでウエストの調節が可能です。

赤ちゃんの水遊び

赤ちゃんの水遊び

お座りができるようになったら、ビニールプールで水遊びをしてみましょう。公共のプールはできるだけおむつがはずれてから。水遊びをするとひんやりとした感触が、五感を刺激したり、よく眠ってくれるようになります。お風呂場やベランダなど、直射日光が当たらない場所に設置し、外なら日焼け止め、日傘、帽子などで紫外線をカバーします。

水遊びのアイディア

ねんねの頃

首の座らない赤ちゃんなら、ベビーバスに入れてじょうろで水をかけてあげると赤ちゃんもびっくり。ふわふわのスポンジに水を含ませて赤ちゃんにタッチします。ひやっとして気持ち良い!赤ちゃんをベビーバスに入れてゆらゆら揺らすと赤ちゃんもにっこり。

おすわりの頃

ペットボトルを半分に切って穴を開けたらシャワーになります。赤ちゃんが持てるように切り口を保護します。ガチャガチャのカプセルにおはじきやビー玉を入れ、可愛いテープを巻いたら簡単ながらがらになります。とってもカラフルでプールにぴったりです♪

あんよの頃

バケツを用意して水をすくったりこぼしたり。上手にできたらほめてあげましょう。お母さんと一緒に水鉄砲。両手を組んだだけで水が出てきて赤ちゃんもご機嫌。

ベビースイミングってなんだろう?

今、赤ちゃんに習わせたいスポーツの中で高い人気なのがベビースイミングです。もともとは、赤ちゃんがプールに落ちた時のことを考えた予防策として始まりました。6ヶ月~2、3歳頃までをベビースイミングと言い、キンダークラス、SOクラスと上がっていきます。お母さんと一緒にプールに入ることで、赤ちゃんとのスキンシップが楽しめたり、赤ちゃんが健康でよく眠ってくれるようになります。

ベビースイミングの関連グッズ

ラッシュガード

大人用のプールなどは赤ちゃんにとっては冷たく、風邪をひく原因にもなります。マリンスポーツなどで使われているラッシュガードは、プールの水が冷たい時に着せると保温効果があります。動きやすいライクラという生地で紫外線対策にもなりますよ。Cheekys、Fourth Dimension、GET UPといったブランドがあります。

リトルスイマー

使い捨ての水着おむつです。防水インナーがついていて、そのままプールに入れます。男の子向けのトランクスタイプ、女の子向けのセパレートタイプ、ワンピースタイプなどがあり、おむつにはとても見えません。赤ちゃんにとっても、おもらしやうんちによって傷つくことがありません。これで安心してプールに入れますね。

スイミングキャップ

多くの場合、蒸れにくいメッシュ素材でできていますが、ベビー水着と同じ素材のよく伸びるスイミングキャップ、柔らかくて締め付けないスイミングキャップなど、いろいろあります。デザインも外に出られそうなつば付きや便利なゴーグル付きなどがあるので、使うシーンやお好みで選んでください。